がん保険の必要性が増す罹患率と診断後の保障の充実度

がん保険の加入では医療保険のがん保障との比較で必要性も低くみられがちですが、がんの疾病に特化した保険ならではの保障に注目点があります。医療保険のがん保障の場合は入院給付金や日数などに特長がありますが、診断後の保障で比較するとがん保険の利点があります。がん保険も商品によって保障内容も様々ですが、がんと診断されてから給付される診断給付金に手厚いのが特長です。がんと診断されてから必要性が迫られるのは、がん治療に適した医療機関を探す点です。がんの種類にもよりますが、専門かつ高度な治療が必要になります。いち早く適切な医療機関を探すことが、治療を開始する上で大切になるのです。がん保険の付帯サービスとしてセカンドオピニオンのサポートなど医療機関を探す上で役立つサービスもあります。医療保険とがん保険の二つに加入することは家計の負担も重くなりますが、それぞれの特徴を捉えて加入するのがおすすめです。がんに罹患する方は2人に1人というデータもありますが、三大成人病の一つであり、患者数が増加する中で必要性は高まっています。

がん保険の要・不要は経済状況や家庭環境などによっても異なる

日本人の死因のトップはがんであることは統計上の事実であり、2人に1人の割合で一生涯のうちにがんになる可能性があるといわれています。以前はがんは死に至る病として恐れられていましたが、医療の進歩によって早期治療で完治出来るケースも増えてきました。そして治療には高額な医療費がかかるために、多くの方はがん保険に加入しているのではないでしょうか。ただし、定期的に検診を受けるなどで早期にがんが発見された場合には、治療にかかる費用もそれほど高額にならないケースが多いことも事実です。がん保険を不要と考える方の中には、この点を理解されている方が多いのかも知れません。また、がん保険には様々なタイプがあり、古いタイプのがん保険は入院費用を中心に補てんし上皮内がんを補償対象としていないものが多いため今の医療の実態に合いません。医療の変化に応じて保険の見直しも必要です。保険加入を必要と感じるか、不要と感じるかは個人の経済状況や家庭環境、考え方の違いによって異なります。毎年がん検診を受診しがんを早期に発見すればある程度の預貯金や公的な高額医療費制度等を利用してがん保険を不要とする考え方も正しいと言えるのではないでしょうか。

万全な備えでサポートする就寝(終身)がん保険

各保険会社ともに就寝(終身)がん保険の内容が見直されており、安心して治療を受けられるように1日あたりの支払額も大幅に増えています。がん保険では宣告を受けた際にまとまったお金を受け取れるのが特徴です。さらに就寝(終身)契約となっているので、その保障は一生続くだけでなく、安い医療保険にありがちな日数制限もありません。治療内容によって健康保険の対象とならない物も多く、高額な費用が必要となります。1日1万円程度の保険だけではまかないきれないというのが現状でしたが、昨年発売された大きな保障の就寝(終身)がん保険なら、万が一の場合に備える安心感が違いますし、高額療養費制度と併用して使う事で、毎月の負担金を減らせます。がん保険には色々な商品があるので資料を請求して見比べてみると違いが分かりますが、多少掛金が高くなっても1日当たりの支払い金額が大きいのは病気にかかった際のメリットとなります。日頃から健康に注意していてもかかる可能性がある病気なので、しっかり備えをしておきたいものです。

医療保険とがん保険、その違いと必要性とは

医療保険は、病気やけがによる治療のための入通院を保障する商品です。最近では、病院でかかった治療費用を対象となるものもありますが、基本は病気・けがの入院通院費用が対象です。一方、がん保険は、数ある病気の中で、ガンのみだけが対象です。ガンに特化した商品があるのは、ガンは治療期間が長期に渡る場合が多いからです。初期ガンに対応するなら、どの保険会社の、どんながん保険を選んでも大丈夫です。医療保険だけでも充分な場合があります。しかし、入通院を何度も繰り返し、抗がん剤治療や放射線治療で通院をするなど、長期に渡りがんと向き合わなければならない場合、医療保険だけでは足りません。がん保険の必要性はここにあります。がんと診断された時に出る一時金は、健康食品や民間療法を試す軍資金になります。治療の為に就業が出来ない場合の休業補償にも充てられます。がん保険には入院の日数制限がないので、再発などで繰り返し入院しても安心です。最近は、がんも通院治療が主体となっていますが、入院を伴わないがん治療通院だけでも対象となるがん保険も登場しています。

がん保険は税金の生命保険料控除になります

日本人の死因でここ数年がんが1位を占めております。そのため、日本人にとってがんは身近なものであります。もしがんになってしまったら、多額の医療費を支払う必要があります。がんは完治しても再発の可能性があるため、定期的に通院をしなければなりません。がんになってしまった時のために、がん保険に加入することはとても大切なことです。がん保険に加入をすると、がん保険料を支払うことになるので、少なからず生活をしていくうえで負担になってしまいます。あまり知られていませんが、がん保険料を支払うと、所得税と住民税が安くなる生命保険料控除が受けられます。生命保険料控除はお勤め先での年末調整や確定申告で追加することができます。例えば所得税率が10%の方であれば、最大で4000円所得税が少なくなり、住民税は2800円少なくなります。保険料の負担は大きいかもしれませんが、生命保険料控除によって税金が安くなることを考慮し、将来のためにがん保険にまだ加入していない方は、加入するのもよいかもしれません。

がん保険に加入して先進医療を受けましょう

戦後、日本人は以前に比べてかなり長生きするようになりました。これは、国民の生活が豊かになり、栄養のある食事を常に食べられるようになったことと、清潔な住環境が整備されたことに加えて、医療が飛躍的に発展したことが大きな原因です。しかし、残念なことに、未だ人類は全ての病気を根絶するには至っていません。どれだけ長い年月をかけて優秀な医学者が研究を続けても、完治が難しい病気があります。その一つであるがんは、日本人の死亡率第一位の病気です。この病気にかかるのを恐れて、がん保険に加入している人は少なくありません。がんの場合は、高度な先進医療が必要になるので、自己資金だけでは十分な治療が受けられない場合があります。そのような懸念なく、病気になってしまった時には納得できるまで満足な治療を受けられるよう、がん保険の制度があるのです。がん保険では、通常の医療保険では適用にならない先進医療も保険の対象になるので、病気になった場合でも安心です。今では、がんは先進医療を受ければ完治することが十分に可能な病気です。

このページの先頭へ